花咲くいろは 14話~

アニメ

花咲くいろは 5 [Blu-ray]

第14話 これが私の生きる道

空に浮かぶ白い雲、照りつける太陽、目の前に広がる青い海。今日は緒花たちが通う香林(こうりん)高校の修学旅行。水着姿の緒花が、パーカーとショートパンツとサングラスで完全防備姿の民子の手を引き海へ誘っていた。仕事を離れ緒花、民子、菜子、結名たちは南国の夏を満喫していた。宿泊先の大きさに圧倒される緒花。旅館の番頭であり跡取り息子の日渡洋輔(ひわたり・ようすけ)は、何か結名と関係がありそうな雰囲気だが?http://www.hanasakuiroha.jp/story.html#story_14


内容

内容と感想

うーん14話から新OPとか・・・
というかこうちゃんとかいうやつOPに出てるし前半で終わったんじゃないのか まだ引っ張るとか意味不明すぎる。
海に放り投げるとか・・・

押し倒したwww

海にwwwなんだあれはwww
夜の海で泳ぐとかなんと危険な・・・月明かりだけで泳ぐといってもかなりハイリスクな気が・・・・

wwwwwwwwwww

ゆいなというキャラ中途半端に毒吐いて閉めるとかwwwwwwww

新EDは意味理解不可能。ただ太ももが!!!!!!!!!!!

内容紹介

花咲くいろは 5 [Blu-ray]
「めげそうで、泣きそうでも、咲きそうだから」この春P.A.WORKSが、すべての「輝きたい」人達に贈る、青春[おしごと]ストーリー。
★緻密な作品作りに定評のあるアニメーションスタジオ「P.A.WORKS」が、創立10周年の節目を迎えて自ら立ち上げる、初のTV向けオリジナルアニメーション作品。キャラクター原案に岸田メルを起用。美しい石川の四季を舞台に、突然祖母の経営する温泉旅館に住み込むことになってしまった都会育ちの女子高生と、彼女を取り巻く人々との人間模様を描く。

  • ストーリー
  • いいかげんな母親の思いつきで、東京から遠く石川に引っ越すことになった松前緒花。
    行先は祖母が経営する老舗の温泉旅館「喜翆荘(きっすいそう)」。様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、旅館で働く同世代の女の子や先輩たちと共に、
    新しい生活に馴染むべく悪戦苦闘を繰り返す緒花たちの日々を描く、温泉青春ストーリー。

  • 初回特典
  • ・キャラクター原案:岸田メル描き下ろし3巻収納BOX付属
    ・詳細解説ブックレット付属

  • 特典
  • ・キャラクターデザイン:関口可奈味描き下ろしジャケット仕様
    ・スタッフオーディオコメンタリー収録

  • 第一話~第三話収録
  • スタッフ
  • 原作:P.A.WORKS
    監督:安藤真裕
    シリーズ構成:岡田麿里
    キャラクター原案:岸田メル
    キャラクターデザイン・総作画監督:関口可奈味

  • キャスト
  • 松前緒花:伊藤かな恵
    鶴来民子:小見川千明
    押水菜子:豊崎愛生
    和倉結名:戸松遥
    輪島巴:能登麻美子
    種村孝一:梶裕貴

    【公式Webサイト】http://www.hanasakuiroha.jp/
    内容(「Oricon」データベースより)
    アニメスタジオ「P.A.WORKS」が手掛ける、初のオリジナルアニメーション。石川県を舞台に贈る青春“おしごと”ストーリー。いいかげんな母親の思いつきで、東京から石川に引っ越すことになった女子高生・松前緒花。行先は祖母が経営する老舗の温泉旅館。様々なギャップに戸惑いながらも、旅館で働く同世代の女の子や先輩と新生活に馴染むべく悪戦苦闘を繰り返す緒花の日々を描く。BD第5巻。

    コメント