仏蘭西少女 ~Une fille blanche~

2012年1月9日

スポンサー リンク

仏蘭西少女 ~Une fille blanche~ 豪華特装版 ~Tony's BOX~ 主人公の子爵・矢旗澤政重は、急逝した友人の伯爵から、巨額の負債とともに空恐ろしいほどの美少女を託される。
主人公をひたすら慕い甘えてくる謎の少女。
その可憐さに魂を奪われた主人公は、彼女との甘い蜜の生活に耽溺していく……。

  • 販売元:PIL
  • 発売日:2009/7/10
  • ASINコー:B001W0ZPZC
  • 大正壱拾弐年(西暦壱千九百弐拾参年)五月六日(日曜日)
    仏蘭西(フランス)帰りの友人が遺したものは地下室に眠る純白の少女‘ユヌ・フィーユ・ブランシュ’だった……。
    欧州大戦が終わり、狂ったような好景気の後、必然として襲いかかって来た不況に世相は騒然とし、今にも革命が起きようか、と言う時代。主人公・矢旗澤政重子爵は、何の不自由もなく、また何の刺激もない境遇で、無為に日々を過ごしていた。
    仏蘭西少女 ~Une fille blanche~ 豪華特装版 ~Tony’s BOX~

    内容

    ストーリー

    大正壱拾弐年(西暦壱千九百弐拾参年)五月六日(日曜日)仏蘭西(フランス)帰りの友人が遺したものは地下室に眠る純白の少女“ユヌ・フィーユ・ブランシュ”だった……。
    欧州大戦が終わり、狂ったような好景気の後、必然として襲いかかって来た不況に世相は騒然とし、今にも革命が起きようか、と言う時代。主人公・矢旗澤政重子爵は、何の不自由もなく、また何の刺激もない境遇で、無為に日々を過ごしていた。
    そんな折、ここしばらく屋敷に籠っていた友人・織田桐治道伯爵が不意に屋敷へ来るようにと招待状を送ってくる。
    同じく屋敷に招かれた義妹・矢旗澤香純と旧来の友人・眞山皐之介とともに織田桐邸へ向かったが、そこで彼らが目の当たりにしたのは、治道の突然死だった。
    後日、政重は織田桐邸の怪しげな執事・キャリバンから、治道が政重に宛てたという遺産を受け取ることになる。
    それは、織田桐邸の地下室に安置されている不思議な少女だった。政重が眠る少女の耳元で言葉を囁くと、少女は蒼い瞳を開き「ごしゅじんさま……」と言い、あたかも花が綻ぶように笑った。そして、執事は、御主人様は少女に何をしてもいいのだ、と告げた。仏蘭西少女 ~Une fille blanche~ 初回限定版 ~PrettyBOX~

    Tonyゲーム原画史上最大級となる160枚オーバーの美麗艶画に、ラノベ36冊オーバーの超ボリュームシナリオ!
    さらにイメージ画に大石竜子、背景画に吉田誠治という豪華スタッフを起用。

    仏蘭西少女 ~Une fille blanche~ 初回限定版 ~PrettyBOX~ 少女(しょうじょ) CV:まきいづみ
    「ごしゅじんさま、ぜんぶ、みんな、だいすき……」
    治道が遺産として遺した、金髪碧眼の少女。見た目だけでなく、声や仕草のすべてが愛らしく、あどけない。拗ねた顔や怒る声ですら愛らしい。年齢不詳で、その素性も一切わからない。
    本人も自分のことについては何も知らず、また、自身では食事をすることさえできない。ただひたすらに御主人様(政重)を慕い、すべてを委ねている。執事のキャリバンからは“恩寵(グラーティア)”と呼ばれることもある。

  • 販売元: PIL
  • 発売日:2009/7/10
  • ASINコー:B001W0ZPZM
  • 仏蘭西少女 ~Une fille blanche~ 初回限定版 ~PrettyBOX~