アクセル・ワールドAccel World第1・2話

スポンサー リンク

アクセル・ワールドAccel World第1・2話を見てみたが・・・
アクセル・ワールド 6 (電撃文庫 か 16-11)
これは原作文庫

  • 著者:川原 礫、HIMA
  • 販売元: アスキー・メディアワークス (2010/10)
  • 発売日:2010/10
  • ASINコー:404868969X
  • アクセル・ワールド 6 (電撃文庫 か 16-11)

    内容

    アクセル・ワールドAccel World第1・2話感想

    肉まんの刑とかwwwどんな刑・・・
    バーチャルでのアバターの格好が豚だしwwww

    黒雪姫様 とかwww

    豚の歩き方はコミカルとかwww尻尾巻いてるしwww

    「仮想世界だけで良いじゃないか」とかwwwニート予備軍www

    猫手猫耳
    「ばっかじゃないのー」とか
    トイレで殴られてるしwww男子トイレに乗り込むとかwww
    幼馴染フラグぶったぎったwww豚なだけにwww

    VRゲームのテクとか・・・・・・・

    ばかげたスコアとかwww

    少年とか

    あまるいの とかwww
    思考発声とかwwwwwww
    BGMがものものしいぞwww(昼飯くってるような所っぽいのに・・)
    赤毛ヤンキー「クリームメロンパンとイチゴヨーグルト それから」とかww

    動物園から送られてきたとかwww
    うぁーシステム説明理解するのは面倒。
    脇つかまれるとかww

    おっぱーいさわっとるwww

    頭から血とかwww
    ひざグリグリしとるwwwwwwwwwww淫乱臭が満天www

    ふっとんだって とかwww
    弁当パワーとか・・・

    勘違い豚男wwwwwwwww男の勘違い路線とかほどつまらん展開は無い気がww

    それが君の望みか
    とか・・・

    シリアルコーンwww

    翌日の登校にて
    派手な演出だなぁ・・・
    fight www

    跳ねられてるwww

    対戦格闘ゲームとか・・・・

    むねペタンコだなぁ・・・・・・・・。
    「長く怖い夢」とか
    なんかヤバイシステム概要なきはするが・・

    「無慈悲な戦場に駆り立てるのだ」とかwww

    ぷよぷよだしとかwww

    中学生なのか・・・・・・・・・wwwwwwwwww

    いじめられてパシリさせられてたのが地獄とかwwww

    カレーがまだホットだwwwwww
    「好奇心で死んでしまいそうだわ」とか
    「彼が振ったのだ」とかwwwwwwww
    『視界スクショ』とか・・・・・・・
    いろいろSFなのでまぁ設定はどうでもいいとしても・・んーむ。

    とび蹴りして何をするかと思ったら
    逃げたww
    直滑で上ったwwwwww

    なんだかんだで
    引かれたwwwwwwwwwwww

    「ばか者ー」とかwww

    持ち上げるとかwww
    祝杯とかwww幼馴染ばったりとか対峙とか、ちょっかいとかwww
    1話分に対しては2話目は戦闘中心なので、なんというか内容はいまいちな感じが・・・いや一話にネタ要素が偏りすぎていたのか・・・うむむむ。1話のテンポであればまだしもだが、2話のような展開でだらだらになるとつまらなくはなりそうな予感。

    アクセル・ワールド〈9〉七千年の祈り

    アクセル・ワールド〈9〉七千年の祈り (電撃文庫) 「許さない。お前を殺す―バーストポイントが全部なくなって、加速世界から消えるまで、殺し続ける」再び“クロム・ディザスター”となってしまったハルユキは、“アッシュ・ローラー”を痛めつけていたアバターたちを鬼神のごとき力で瞬殺する。そして、深部まで完全に“災禍の鎧”と融合してしまうのだった。滅ぼすべき敵を求めて“加速世界”を飛翔するシルバー・クロウ。そして彼は、次なるターゲットとして、“ISSキット”とその制作者たる“加速研究会”に憎悪の矛先を向けた。誰も制止不能の狂戦士。そんな彼の前に、一体のアバターが立ちふさがる。その名は、“グリーン・グランデ”。最強の大盾、“ザ・ストライフ”を携える絶対防御の“緑の王”と、呪われた狂気のアバターが激突する―!“災禍の鎧”編、完結。

  • 著者:川原 礫、HIMA
  • 販売元: アスキーメディアワークス
  • 発売日:2011/10/8
  • ASINコー:4048709542
  • アクセル・ワールド〈9〉七千年の祈り (電撃文庫)


    アクセル・ワールド〈5〉星影の浮き橋

    アクセル・ワールド〈5〉星影の浮き橋 (電撃文庫) 中学内格差の頂点・能美征二による謀略は去った。“スカイ・レイカー”も加速世界に復帰し、これにより黒雪姫率いる“ネガ・ネビュラス”は、他の軍団に見劣りしない勢力となっていった。とある日、ハルユキは軌道エレベータ“ヘルメス・コード”に日本の“ソーシャルカメラ・ネットワーク”が導入されるというニュースから、新たなるゲーム・ステージの気配を察知する。“宇宙”ステージ。そこに辿り着いたハルユキは、“謎の運営者”から提供された、“ブレイン・バースト”史上でも最大のミッションイベントを体感する―!「…鴉さん。これは、どういう、ことですか?」それはさておき、同時進行で発生していたのは、黒雪姫とハルユキのお泊まりイベントで、さらにそこに“スカイ・レイカー”ことフーコさんも乱入してきて―。

  • 著者:川原 礫、HIMA
  • 販売元: アスキーメディアワークス
  • 発売日:2010/6/10
  • ASINコー:4048685937
  • アクセル・ワールド〈5〉星影の浮き橋 (電撃文庫)


    アクセル・ワールド〈1〉

    アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫) どんなに時代が進んでも、この世から「いじめられっ子」は無くならない。デブな中学生・ハルユキもその一人だった。彼が唯一心を安らげる時間は、学内ローカルネットに設置されたスカッシュゲームをプレイしているときだけ。仮想の自分を使って“速さ”を競うその地味なゲームが、ハルユキは好きだった。季節は秋。相変わらずの日常を過ごしていたハルユキだが、校内一の美貌と気品を持つ少女“黒雪姫”との出会いによって、彼の人生は一変する。少女が転送してきた謎のソフトウェアを介し、ハルユキは“加速世界”の存在を知る。それは、中学内格差の最底辺である彼が、姫を護る騎士“バーストリンカー”となった瞬間だった。ウェブ上でカリスマ的人気を誇る作家が、ついに電撃大賞「大賞」受賞しデビュー!実力派が描く未来系青春エンタテイメント登場。

  • 著者:川原 礫、HIMA
  • 販売元: アスキーメディアワークス (2009/02)
  • 発売日:2009/02
  • ASINコー:4048675176
  • アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)


    Accel World アクセル・ワールド PV1

    Accel World アクセル・ワールド PV2

    Accel World アクセル・ワールド TVCM