氷菓7話8話

スポンサー リンク

氷菓も7話に来て、温泉回なわけだが、千反田えると、折木奉太郎のただのラブラブ妄想回なわけだが

オチだけが何故か釈然としない。

ただまぁ普通の温泉とか入浴シーンと比較すると、裏切りという点では、以外な展開だった所は好印象か?

男の裸の作画に無駄に力を使っていたりと・・・。 温泉で平泳ぎしていたりと・・。まだこの無駄なシーンがあるよりはせめて女性カットを!!と思うのは当然であろう・・。

氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]

  • 出演: 中村悠一, 佐藤聡美, 阪口大助, 茅野愛衣, 雪野五月
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日:2012/06/29
  • ASINコー:B007RC1KWQ
  • 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]

    内容


    氷菓 第七話 正体見たり

    ポニテくんかくんか というか休日だけ髪縛るって普通と逆な気もする・・・

    天道虫がwww
    路線バス で村に向かうとかwww
    温泉とか・・・

    1時間半のバスで酔ってまた車とwww

    というかロリっこ姉妹。小学生とか・・・
    というか声優・・・・

    夕暮れでご飯の時間とか・・・
    旅館でチーズ臭とか

    ちゃぶ台たたくやつに怒られてる妹とかww
    風呂タイミング良すぎ・・・・・あるいは片方が見合わせていたとしか・・・・・・

    千反田える「混浴じゃないようですね」 とかwwww

    男脱衣シーンとか 湯かけシーンとか 着水とかwwwwwwwwwww
    需要がないことばっかwwwwwwwww

    妄想で描かれるとかwww
    ノボセルとかwww

    千反田えるだが?が二言目と
    温泉会にてやっとこさ折木奉太郎(主人公男)の暴走っぷりがwwwwwwww
    というか海老の字に体曲げたのはなんでだwwwオッキか?

    怪談がwwwwwww

    9人目のお客さんが急な病気で とか・・・・・・・・
    ツインテの目がちっさwww

    顔を見合わせて、Wになっとる 「私気になります」の顔がwww
    合宿を開いてよかったです がwww

    というかちたんだえる、
    子供に駆け寄っていくところまでいいが、
    子供と話するのに腰おりまげている。
    普通は屈むと思うんだが・・・
    これだとお尻を見事に折木奉太郎(主人公男)に対して突き出した格好なわけだ・・・。

    氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]
    千反田える「大きな男の人が怖いんでしょう」とか言って無茶苦茶目を輝かせて微笑んでるwwwwwwwwwwwwww
    ラジオ体操のカードに、片方だけは、名前が書いてないとか・・・

    というかラジオ体操のくだりが早すぎで一回だけみたら気づかんうちに折木奉太郎(主人公男)が驚愕してるのであっけにとられる・・・・
    おととしまで が か・・・
    二人とも手を組んで ぶっすリ顔の千反田えるwww

    蚊帳の外 とかww
    ボケが理解できん・・・

    ハンガーにかかった浴衣 とか・・・

    落ちが・・・・・・・・・なんか空を切ってるぞ。空振りな感が。
    それともハッピーエンド万歳にしないといけないのか?
    あえて悪役のままでもいい気もするんだが・・・・・。

    あと結局千反田えるの入浴シーンは妄想としてか描かれてない気が・・・・・・・・あと伊原 摩耶花は入浴すらまともに描かれてない気が・・・
    (まぁ、どうでもいいですが。なんか話進めるためだけの下敷きになってる感が満載。福部 里志はその星の元にいるキャラクターだと言うのはおいておくにも・・・。)
    なんというかカップリングが成り立ってる時点でただのリア重爆発しろ的なものでしか無いという側面もあるわなぁ。

    どちらにしても不気味アニメだ。
    テーマがいまいちわからん。最初から、ミステリーだとは思ってないので、学園物というジャンルになるんだろうか?千反田えるというキャラクターの生態観察として見るには楽しめるものの、他の全般的な部分で見ると不気味アニメすぎてキモい。
    シナリオの空ぶりっぷりか スカスカ。
    ハッピーエンドで7話閉めた分がさらにキモさ増した。
    あんだけ終盤で、ふっといてて、オチで工エエェェ(´д`) な感じ。不気味だ。

    落ちだけが納得できないwwwwwwwwwwwww

    次回予告なんか新キャラが・・・・・・・
    氷菓 (角川文庫) いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。

  • 著者:米澤 穂信、
  • 販売元: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日:2001/10/31
  • ASINコー:4044271011
  • 氷菓 (角川文庫)


    氷菓 8話

    ハンドルネームというかチャットの名前が 『L』 wwwwwwwwwとか・・・
    3人の対比が・・。

    てか試写会とか・・・。

    身長高い女っwwwwwwwwイリスフユミとか・・・。
    旧家・名家・・・・・。
    てか主人公男www 生意気な態度www

    「検討を」というわれて怪しんではいるのに・・・

    なんか変な声きこえたんだが 11ぷん直前あたり。

    鍵まで真っ直ぐ歩いていくとか・・・。

    棒読み劇wwwww

    なんというか 突っ込むところが無い・・・。
    というか棒読みが不気味すぎる
    てか血の惨劇のリアクションがwww

    手とかWWW

    映像はここまでだ とか
    犯人は誰だと思うとかwwwwwwwww
    いろいろと置いてけぼり感は満載な分けだが。

    自己満足の世界とかww

    なんとかの十戒とか・・・・・。さっぱりだを。
    脚本を、書いて倒れるとか・・・
    嫌がる、表情がwwwwwwwww

    脚本を、書いて倒れるとか・・・

    「氷菓の話を聞いたこと」とか。

    千反田 えるの「私、気になります」の流れがいまいちピンとこない。

    「ホンゴウは死んでいない」と突込みが・・・

    「そこまでの責任は取れない」とか・・・

    大病院のご令嬢 イリス先輩とか女帝とか・・・・。

    ネタがわからなすぎる。8話全体とおしてネタがわかり難いわぁwwwwwwwwww

    朝から迎えとかwww

    エバクラコとか・・・。
    いろいろと名前に突っ込みたい・・・。
    ちっこい お団子頭 セーラー服ブカブカすぎる・・・・・・
    というか見所がわからんかった。
    どちらにしても、折木 奉太郎(おれき ほうたろう)の無愛想加減しか目に付かない8話。

    次回予告www血だらけwww 氷菓9話のタイトルが長いwww