やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。1話2話と見てみたが痛い点が多い気がする

2013年4月23日

スポンサー リンク

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。1話2話と見てみたものの、やや…微妙か。というよりもごった煮感しか持てなく独自性は際立たない上にキャラクターデザインがなんか中途半端で萎える。メインヒロインは、べったんこ胸なのに対してサブ的なヒロインが制服がシャツなのにもかかわらずあれだけ乳袋が目立ちすぎているのもねェ。あと中の下着(キャミソールか何か)の紐が無駄に黒だし首の部分でクロスしてて開襟しているせいで目立つデザインはこりゃぁどうなのよと。
ちょっとしらける要素が外観でにじみ出ているので色々とアニメで損している部分が否めない。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

  • メーカー: 江口拓也、早見沙織、吉村愛
  • 出版社: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発行日:2013/06/26
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

    内容

    「青春とは嘘であり、悪である」──こう書いた作文をきっかけに「奉仕部」に入部させられた比企谷八幡。

    奉仕部では、息を呑むほどの美少女・雪ノ下雪乃、クラスの上位カーストに属するギャル・由比ヶ浜結衣に出会い、ラブコメに展開──するはずが、八幡の残念な性格がそれを許さない!
    八幡の高校生活、いったいどうなる!?

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第1話「こうして彼らのまちがった青春が始まる。」

    『青春とは嘘であり、悪である』とか
    『砕け散れ』とか…。

    製作名ww

    op
    振り返った作文とか。
    ヘビースモーカー女教師…。
    「死んだ魚のような目」とかww
    パンチが飛ぶとか。

    アホ毛が一本w

    『俺はこの少女を知っている』とか。
    女子が9割の偏差値が高いクラスとか、割合が変な気が。
    レポートの罰が部に入部とか
    小悪党ぶりとか。。。

    本読み始めてるし。
    『甘酸っぱい想いで』とかwww
    引きつられてる回想とか。

    ラブコメトラップとか。
    威嚇しておくとか…速攻で弱肉強食の餌食w

    文芸部 で
    そのこころは とか
    「女の子と話したのは、何年振り」とかwwwww
    痛い回想がwwwwwwwwww酷い。

    ボランティアとか
    「矯正」とかwww

    「コノアマ」とか「顔だっていいほうだ」とかwww

    「ひねくれれた感性」とかw

    「少しは校正」とか・・

    「社会的に不味いレベル」とか

    『少年漫画の習わし』…
    なんでもで、妄想で、一瞬で悟ってるし。

    ボッチの風上とか・・
    60回ほど上履きを隠されてとか。

    『それは無理』と即答とかwww
    「なんで、ひっきーがここにいるの」とか

    「このピッチめ」とか
    「まだ処」
    とか
    「バー」とか

    味見して感想とか…。

    「か、格好良い」とか

    手作りクッキーとか…。
    「と俺」とかww
    好きなやつのイニシャルとかww

    「まじきもい」とかw

    「あなたののその経験談から」とか

    熱弁だよなぁ…主人公。
    女子言葉とか。

    ゆきのんとか。暴走している

    1週間たってもまがまがしいままのクッキーとか。

  • 公式ホームページ
    http://www.tbs.co.jp/anime/oregairu/
  • ―青春とは嘘であり、悪である
    “ひねくれぼっち”の主人公が繰り広げる青春ラブ(!?)コメディ、待望のTVアニメ化!

    今最も勢いのある若手作家・渡航作品、初のアニメ化! 3誌での同時コミカライズ、ゲーム化などメディアミックス化続々の話題作がついにBlu-ray&DVDで登場。キャストは江口拓也、早見沙織、東山奈央ほか人気声優陣がドラマCDから続投。監督には「銀魂」のコンテ演出担当・吉村愛を迎え、ブレインズ・ベースが送る魅力的な会話劇をご堪能下さい!!

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第2話「きっと、誰しも等し並みに悩みを抱えている。」

    ヒエラルキーとか。熊の道とか。ただのボッチ。
    「私は絶対熊になりたい」とか
    「熊絶賛だな。」とか
    「個体で独身」とかそれで教師が生徒の腹殴るとか…この辺りはただのパロディーな感じしかしないわけで。

    「マジカミスタイル」とか…
    「ゆきのん?」とか
    封建社会w
    パシリw

    「ちょっナニソレ」とかw

    髪型が変な女子生徒がいるのだがかなりその他のデザインがハッチャケていないだろうかww

    「あれが会話のつもりだったの」とかw

    『類人猿の威嚇』とかw

    でっかい女子生徒がwww

    ビッグウェーブとかw

    「ひっきーとかマジヒッキーじゃん」とかww

    教室でてすぐ会話とか。
    「部室に不審人物がいるの」とか…。

    厨二なおっさん…かと思ったら高校生かw白髪かとおもた。
    奉仕部ってまぁ明らかに薄い本だよなぁ。

    「あれは中二病だ」とか解説省略されてるし(作中では解説しているように描かれているが…)

    あれよりひどいのがいるのとか 
    「参考」とか。

    誘導尋問とか。
    「その病気を治すってことで」とか…
    『ライトノベルの原稿』とか

    「容赦ないよ」とか…

    椅子だけで寝てるとか…

    「眠気が飛ぶわね」とかあくびしてるし
    『想像を絶するつまらなさ』とか・・文法とか

    「て・に・お・は」・・・・
    「服を脱いだの何故」とかwwwwwwwwwwwww
    「で、あれってなんのパクリ」とかwwwそれで仕留めとは…

    「大事なのはイラストだから」とか・・
    「作家病」とか…

    変な視線がwwwwwwww
    まぁなんというかくだらない内容である。所々のネタの面白さも30分近い尺の中では薄れて弱い。

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

  • メーカー: 渡 航、ぽんかん(8)
  • 出版社: 小学館
  • 発行日:2011/3/18
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

    青春は残酷だ!?ひねくれ男の妄言ラブコメ

    青春は嘘で欺瞞だ。リア充爆発しろ!

    ひねくれ者故に友達も彼女もいない高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学園一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」だったーー。

    さえない僕がひょんなことから美少女と出会ったはずなのに、どうしてもラブコメにならない残念どころか間違いだらけの青春模様が繰り広げられる。
    俺の青春、どうしてこうなった?

    『僕は友達が少ない』の平坂読氏も(twitterのつぶやきを)注目する期待の新鋭、『あやかしがたり』で第3回小学館ライトノベル大賞、ガガガ部門大賞受賞の渡航(わたり・わたる)が残念系ラブコメに参戦!?

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)