変態王子と笑わない猫。3-4話

スポンサー リンク


「変態王子と笑わない猫。」は、よくわけがわからない コメディ?なアニメ。ネタも話も、いまいちな内容。展開もグデグデ。
しかも主人公はさほど変態では無い気もしてきた。

内容

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00CBSF7MU/ref=dp_db_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1
には、

サムゲ荘の事件があったのに性懲りも無くK-POPの宣伝をやってしまった・・・・,


とか『サブリミナル』とか記載が見受けられるが、
それを差し引いても、アニメとして見る価値が無いような気がする。
根本的に、原作は知らんし見る気も起きないが、『話がつまらない』のと『ネタ』もツマラナイ。
その上に+『キャラクター』に何の魅力も人格も際立つものが無いしなぁ…。
これは魅力が皆無であろう。アニメが悪いのか?あるいは原作もこの程度の話なのかは知らんがくだらない。

変態王子と笑わない猫。4話感想

「やればできる鶏だ」とか・・・謎すぎるたとえだろう。前回までの話が薄いし。

二股デートとか・・

仮の弟 の性に仕立てるとか。
幼少に作ったとか…

コスプレ……
「仮想」と何故褒美を与えるような展開に・・

覗いて 男が悲鳴とか

逢引の現場とか・・

「姉妹の縁を切りたいのだ」とか

ワンパンにてノックダウンw
で膝枕とか滑稽すぎる展開。

表情が無くてもといいつつも頬が赤っぽいのが謎である。

血統とか…。

「パンツを捧げて」とか無理がwwwというかノーパン状態の主人公。

「変な所にほくろが」とか。

「アルファベットもかけないのに」とか・・・・

同性結婚とか…。

ただの、バカだった・・・。
「パンツは戻ってこなかった。」とか…。
家が無いの理由がわけわかめ。

年末恒例、ちょっと変わった修学旅行の季節がやってきた。果たして誰の意思なのか、ぼくと一緒の班になったのは、小豆梓と天敵・副部長!? 「最後の旅行なのに――ずるい。です」……一方、学年の違う月子はのけ者扱いに拗ねまくり、暗黒魔王ポイントをもりもり貯めていく。魔王×猫像×天敵ときたら、何も起きないはずがなく――「げへげへ。女の子のパンツ食べたい」「ぎゃー! なに言っちゃってんの!?」……この冬、彼と彼女の関係に重大な異変が? 爽やか系変態ラブコメ、待望の第6弾! 優しいコミュニケーションの物語は、新たなる青春のステージへ――。