ログ・ホライズン5話アキバへの帰還 感想

スポンサー リンク

ログ・ホライズン5話アキバへの帰還 感想としては料理の素材からの調理がなんたらかんたらの謎と気が調理レベルがどうたらとかでオチとしてもなんか頂けない。
キャラクターとか世界観がやや温い感じがする。話の展開だけでもっていこうとする感じがなんともグヌヌアニメ。

内容

ログ・ホライズン5話アキバへの帰還

NPCに「ある変化」と
「アリガトウゴザイマチター」

鹿狩るのかw
鹿の肉は味がするとか・・・

職業レベル・・・
「態度が違うな」とかw
蹴り飛ばされてるし。

プヨツグ・・・

過去階層・・
かとおもいきや今度は魚釣ってる・・・
「小学**」 とかw

「ギルド猫飯」とか

子供にタジタジとか・・・

お守り。
ふむぅ・・・・・・・・適度にすれ違い。いや意図的だろうけどもwどう調理されるのかは気になる。
次回『決意』と・・・
それにしても緊迫感は無いよなぁ。ゲームに閉じ込められたり、食欲は沸いても、何日間過ごしたのかといったことや、その他の睡眠や生理現象に関する描写は無いわけで。
どうも敵役だけがホイホイ出てきて悪さする輩がぽつぽつ出てきてで、主軸が5話の時点までで全く見えない迷走っぷり。主人公と周りのキャラのノホホンアニメにしか見て取れない。

アニメ

Posted by nufufu