魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端

スポンサー リンク

amazon見ていたらたまたま見つけた・・・懐かしいもの・・・。

累計1000万部を突破した伝説の大ヒットライトノベル、奇跡の復活!

魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端

  • 著者:秋田 禎信、草河 遊也
  • 販売元: ティー・オーエンタテインメント
  • 発売日:2011/9/24
  • ASINコー:4904376692
  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端
    キエサルヒマ結界の消滅から1年、大陸の混乱は悪化の一途を辿っていた。
    貴族連盟と大陸魔術士同盟の二大勢力の対立が激しさを増し、トトカンタやアーバンラマでも軍備を拡充、人間同士の争いは泥沼の様相を呈し始めていた。

    内容

    内容紹介

    累計1000万部を突破した伝説の大ヒットライトノベル、奇跡の復活!
    三ヶ月連続刊行の第一弾は、2009年12月に発売された「秋田禎信BOX」のみに収録された「魔術士オーフェンはぐれ旅・後日談」『キエサルヒマの終端』を初単行本化!
    草河遊也描き下ろしカバーイラストによる新装丁で、再びシリーズスタート!

    あらすじ

    キエサルヒマ結界の消滅から1年、大陸の混乱は悪化の一途を辿っていた。
    貴族連盟と大陸魔術士同盟の二大勢力の対立が激しさを増し、トトカンタやアーバンラマでも軍備を拡充、人間同士の争いは泥沼の様相を呈し始めていた。
    そんな中、指名手配され「魔王」と呼ばれるようになったオーフェンは、キエサルヒマ大陸を「脱出」する計画を推し進めていた。
    一方、レティシャの下で1年間の修行を終えたクリーオウも、オーフェンを追うため一人荒野へと足を踏み出したのだった。
    著者について
    1973年生まれ。17歳で第3回ファンタジア長編小説大賞・準入選。『ひとつ火の粉の雪の中』にて作家デビュー。
    著作に「カナスピカ」、「RD 潜脳調査室 Redeemable Dream」(講談社)、「秋田禎信BOX」(TOブックス)、「機械の仮病」(文藝春秋)、『ハンターダーク』(TOブックス)など。
    オーフェンはぐれ旅とか何故今なのか