ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり1巻~5巻

2012年3月12日

スポンサー リンク

著者 柳内 たくみ:東京都在住。自衛官を経験した後、2006年に自営業を開業。本業に従事する傍ら、インターネット上で精力的に執筆活動を展開し、人気を博している

ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 1巻

ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編 20XX年―白昼の東京銀座に突如「異世界への門」が現れた。「門」からなだれ込んできた「異世界」の軍勢と怪異達によって、阿鼻叫喚の地獄絵図と化した銀座。この非常事態に、日本陸自はただちに門の向こう側『特地』へと偵察に乗り出す。第3偵察隊の指揮を任されたオタク自衛官の伊丹耀司二等陸尉は、異世界帝国軍の攻勢を交わしながら、地形や政体の視察に尽力する。しかしあるとき、巨大な災龍に襲われる村人たちを助けたことで、エルフや魔導師、亜神ら異世界の美少女達と奇妙な交流を持つことになる。その一方、「門」外では『特地』の潤沢な資源に目を付けた米・中・露諸外国が、野心剥き出しに日本への外交圧力を開始する。複雑に交錯する「門」内外の思惑―二つの世界を繋げる「門」を舞台に、かつてないスケールの超エンタメファンタジーが、今、幕を開ける。

  • 著者:柳内 たくみ、
  • 販売元: アルファポリス (2010/04)
  • 発売日:2010/04
  • ASINコー:4434142356
  • ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編

    内容

    ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 2巻

    ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈2〉炎龍編 圧倒的な軍事力を後ろ盾に、『特地』を統治する帝国との講和に乗り出した日本政府。その一方、冴えないオタク自衛官伊丹耀司ら特地偵察隊は、異世界住人たちとの絆をますます深めていく。そんな中、心を病んだエルフのテュカを救うべく、伊丹は異世界で猛威を振るう巨大炎龍の撃退を決意する。やがて近代兵器を駆使した壮絶な戦いが幕を開けた―。

  • 著者:柳内 たくみ
  • 販売元: アルファポリス (2010/08)
  • 発売日:2010/08
  • ASINコー:4434147633
  • ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈2〉炎龍編


    ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 3巻

    ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈3〉動乱編 帝国で起こった大政変を憂慮した日本政府は、帝都に空挺団を派遣し、大規模な特殊軍事作戦を決行する。上空を無数の落下傘が舞い、瞬く間に帝都を制圧する自衛隊。一方、冴えないオタク自衛官伊丹耀司と異世界美少女達も、皇城で孤立する皇女ピニャの救出に乗り出す!かつてないスケールの超エンタメファンタジー!驚天動地の第三章、開幕。

  • 著者:柳内 たくみ
  • 販売元: アルファポリス (2010/12)
  • 発売日:2010/12
  • ASINコー:4434152548
  • ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈3〉動乱編


    ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 4巻

    ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈4〉総撃編 20XX年。東京銀座に突如現れた「異世界への門」。門の向こう側『特地』には、手付かずの潤沢な資源、そして、栄華を極める巨大帝国の存在があった。特地で無差別ゲリラを繰り返すゾルザル軍に対し、帝国正統政府との講和を締結した日本政府は、これを契機に自衛隊を総動員して殲滅作戦に乗り出す。一方、世界各地では『門』を原因とする天変地異が観測されはじめる。にわかに巻き起こる『門』閉鎖論。事態打開の鍵を握るのは、唯一『門』を開く能力を手にした魔導師レレイだけだった―国内外のあらゆる思惑から『門』を死守する日本政府。そして、レレイを護衛する異世界美少女達と伊丹。果たして『門』はどうなってしまうのか―?陰謀巡る第4章、開幕。

  • 著者:柳内 たくみ、Daisuke Izuka
  • 販売元: アルファポリス (2011/06)
  • 発売日:2011/06
  • ASINコー:4434157205
  • ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈4〉総撃編

    ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 5巻

    ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈5〉冥門編 容(「BOOK」データベースより)
    20××年。東京銀座に突如現れた「異世界への門」。門の向こう側『特地』には、手付かずの潤沢な資源、そして、栄華を極める巨大帝国の存在があった。『門』の影響による天災を懸念し、『門』封鎖を決断した日本政府。ところが、諸外国陣営は『門』の管理権を巡り日本に圧力をかけ、『門』封鎖を阻止すべく銀座を占拠する。時を同じくして、『門』開閉の鍵を握るレレイが何者かに攫われてしまう。一方で、特地では、ゾルザル軍掃討まで後一歩のところまで迫った日本自衛隊に対し、まさかの撤退命令が下る。それは特地の治安維持を見棄て、直ちに帰国準備せよという非情な指令であった。それぞれの隊員達が下した決断は?『門』の行方は?そして、伊丹と異世界美少女達の運命は―?超スケールのエンタメファンタジー、ついに完結!狂瀾怒涛の最終章、開幕。

  • 著者:柳内 たくみ、Daisuke Izuka
  • 販売元: アルファポリス (2011/12)
  • 発売日:2011/12
  • ASINコー:4434162381
  • ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈5〉冥門編

    著者略歴

    (「BOOK著者紹介情報」より)
    柳内 たくみ
    東京都在住。自衛官を経験した後、2006年に自営業を開業。本業に従事する傍ら、インターネット上で精力的に執筆活動を展開し、人気を博す。2010年4月、「ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり1 接触編」で出版デビューを果たし、一躍注目を浴びる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)