僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)

2012年3月12日

スポンサー リンク

僕の妹は漢字が読める (HJ文庫) 『きらりん!おばんちゅおそらいろ』それは、現代日本文学を代表する作家オオダイラ・ガイの最新作だ。彼の小説に感動した高校生イモセ・ギンは、ツンデレ気味だけど本当は兄思いのクロハ、クールでちょっと毒舌系の幼女ミルというふたりの可愛い妹と連れ立って、オオダイラのもとを訪れる。しかし、そこでギンや妹たちは謎の現象に巻き込まれてしまい―。第5回ノベルジャパン大賞銀賞受賞作。 僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)

内容

著者略歴

(「BOOK著者紹介情報」より)僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)
かじい たかし 「第5回ノベルジャパン大賞」銀賞を受賞し、『僕の妹は漢字が読める』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • 著者:かじいたかし、皆村春樹
  • 販売元: ホビージャパン
  • 発売日:2011/6/30
  • ASINコー:4798602507
  • 第5回NJ大賞 銀賞 兄ラブ妹&国宝級美少女と贈る平成文学の金字塔!?『きらりん!おぱんちゅおそらいろ』それは日本文学を代表する作家オオダイラ・ガイの最新作だ。彼の小説に感動した高校生イモセ・ギンは、ツンデレ気味だけど本当は兄思いのクロハ、クールでちょっと毒舌系の幼女ミルというふたりの可愛い妹に助けられオオダイラのもとを訪れる。しかし、そこでギンや妹たちは謎の現象に巻き込まれてしまい――。
    僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)