最新情報

神様のメモ帳の原作(文庫)

2012年5月13日

スポンサー リンク

最近のアニメがつまらないので、過去分の神様のメモ帳を見返してみたら、なんというか物足りなくて、神様のメモ帳の原作(文庫)の第一巻を読んでみた。
神様のメモ帳 (電撃文庫)

  • 著者:杉井 光、イラスト:岸田 メル
  • 販売元: メディアワークス
  • 発売日:2007/1/6
  • ASINコー:4840236917
  • 神様のメモ帳 (電撃文庫)

    内容

    1巻を読み終えたのですが、なんというかナルミの変人ぷりは・・・・まぁ。アニメが普通にあっさり描かれすぎていたのだろうか。
    あと、挿絵がラノベにしては少なくないか?

    アニメ版の際のシナリオ改変はネットでどこかで記載されていたもので、時間軸とかネタが変に改変されていたりすることは知っていたものの、実際に原作を見てみると、まぁ原作の時間軸は前半部分は理解できるものの、後半のあたりがいまいちピンとこない。どちらにしても熟読する気力はないので、多少こまかいところはふっとばして読んだとしても、まぁこの辺は脇において置く。

    アニメ化作品はなんというか、まぁなんで変な改変というかおいしいネタをはしょってたりするような部分が残念な気はするものでしたが、まぁ、文庫読むのもしんどいのでまぁ・・・需要と供給のバランスか。

    神様のメモ帳のアニメ版は、1ネタ数話で簡潔させていたりしたので、まぁ大雑把に削った構成なのはわからんでもないが・・・。

    どちらにしても、数巻で1クール使うようなアニメであっても、原作の内容(ネタ)は濃い物のほうがいい気がするんだがなぁ。