文庫

「マスター。私と一緒に、初体験をしてください」僕の前に現れた少女はそう言った。艶やかな髪。透き通った大きな瞳。初雪のように白い肌。スレンダーな胸と華奢な手足。そして――一糸まとわぬ全裸の姿で。彼女は天才科学者である鈴音姉さん