文庫

アクセル・ワールド (15) ―終わりと始まり―
アクセル・ワールド 15巻感想としては次から次へと女性キャラクター出てきて
今回はエネミーが表紙を飾るという暴挙。
ハルユキ×タクムとかアッシュローラ

文庫

アクセルワールド14巻読んで見た感想。
キャラクター増えすぎな上に、敵キャラもゴッソリ出てきて、もう名称だけでも混乱してくる。以前の間のキャラ名称とか出てくるだけでも脳内で混乱する。果たして全容をキチンと把握して読むには何回全 ...

その他

メーカー: ムービック
発行日:2013/4/27

スカイレイカーこと倉崎楓子のおっぱいがけしからんサイズであることは言うまでもないが…。この枕カバーのデザインは犯罪だ!
「アクセル・ワールド」 抱き枕カバー 倉崎 ...

文庫

アクセル・ワールドという世界のキャラクターと世界観などの舞台に置いて、
何が一番
“加速”している「世界」なのか
ということについて考えてみた。

最も加速している物

アニメ

なんというか普通に今期のアニメがつまらないので、アクセルワールドを見返してみてるけど、アクセル・ワールドを飽きるくらいには見返してみたけど、なんか面白い。
矛盾というかやりすぎてる感が多すぎるがまぁそれなりに中身は無

アニメ

アクセル・ワールド 24話 Reincarnation;再生で最終回か。ひとまず、アニメの尺が24話で、窮屈につめすぎていて、後半がなんかしょんぼりしている感じが否めない。なんで抱きつき(ハグ)に涙目なのか、ボリュームが足りない気がす ...

アニメ

アクセル・ワールドの、ネガ・ネビュラスメンバーのスカイ・レイカー(Sky Raker)こと中の人倉崎 楓子(クラサキ・フウコ) 。
スカイ・レイカーたるその女子高生はアバターこそ、目しか無い顔で、初登場から不気味さをかもし出し ...

文庫

原作ネタバレ含む

黒雪姫についてちょっと考えてみた。
アクセル・ワールドの黒雪姫は中学校か小学校6年の終わり頃には、家庭内で問題を起こして親から家から追い出された女子生徒なわけである。ただまぁこの要因に関する姉に関 ...

アニメ

No Image

アクセル・ワールド 22話見てみた感想

内容22話

22話のパドさん を見る前に 原作全て読んだのでなんというか、違和感がある。21話までは見ていた後だったんですけどね・・・
銀のカラスで 口で「ひゅー」だけとか・・ ...

アニメ

アクセル・ワールド 20話 黒雪姫 は殆ど出番なしと。まぁ有るには有るんだが本編も大して進まないという。そして、21話赤の王(ニコちゃん)と、メイド再登場なわけだがいまいち物足りない・・・ネタ的な意味合いで。

著者:

アニメ

アクセル・ワールド13話14話15話16話17話18話19話と見てみたものの、見所は黒雪姫(クロユキヒメ)のパイ揉み「はにゅをぁぁぁぁぁぁぁぁ」くらいだろうか。倉嶋 千百合(くらしま ちゆり)の裏切りがどうでもいいくらいに、おっぱいモ ...

アニメ

アクセル・ワールド11話は、またまた引っ張る終わり方orz 12話は意外とあっけない・・・。

CAST

黒雪姫:三澤紗千香
ハルユキ:梶 裕貴
チユリ:豊崎愛生
タクム:浅沼晋太郎 ...

アニメ

シモネタもいまいち振るわない、さらに年齢年増発覚回なわけだが、キャラクター他、色々といまいち過ぎるので本シナリオも意外とどうでもいい感じが満載。
アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)

内容アクセル・ワ ...

アニメ

アクセル・ワールド 第7話までは糞アニメで8話でネタだけはおもろいかと思ったがいまいち展開としてはパッとしない。パッとしいなが故の残念感が痛い。

著者:May’n
販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日

アニメ

いまいち過ぎる展開にもうだれた。

内容

ベットで直結とかwww

虫がwww
なんだ根暗かwww
俺には勝てないとか豚がwww腕もげてるしwww
腹突かれかかってるのに膝まづくとか・・・ ...

アニメ

No Image

これからデートとか・・・

内容

アニメでの男主人公が強食ヒロインにガッつかれる展開がもう定番すぎるくらいなのは見ていてうんざり。

6王とか・・・・・・

たったの5回かつとか・・

15歳が子 ...

文庫

どんなに時代が進んでも、この世から「いじめられっ子」は無くならない。デブな中学生・ハルユキもその一人だった。彼が唯一心を安らげる時間は、学内ローカルネットに設置されたスカッシュゲームをプレイしているときだけ。仮想の自分を使って“速さ” ...

アニメ

アクセル・ワールドAccel World第1・2話を見てみたが・・・

これは原作文庫

著者:川原 礫、HIMA
販売元: アスキー・メディアワークス (2010/10)
発売日:2010/10 ...